上手く誘導する

上手く誘導する

焦らずに導いてあげる

 

「彼が結婚したいと思うタイミングを待つのはむずかしい」と女性は言います。

 

「年齢を考えるとそろそろ結婚したい、できれば彼としたいけれど、彼にはまったくその気がない。

 

でも、ここで自分が勣けば失敗してしまう」と心配するのです。

 

「彼に結婚したいという気持ちがまったくない」と心配することはありません。

 

彼にその気がないと思っているからあせるのです。

 

彼にも、その気は十分にあります。

 

結婚は突然決めるものではなくて、常に潜在意識の中にあるのです。

 

それが何かのはずみでヒョツと出てきます。

 

頭では「なんか拘束されるのイヤだな」と思いながら、たまたま映画やドラマを1本観ると「結婚もいいな」と思う。

 

あなたのことを「こいつかわいいな」と思う瞬間が必ずあります。

 

人間の性格は束状のものです。

 

1つの性格の人はいなくて、多重人格みたいなところがあります。

 

すごく結婚したくない自分と、すごく結婚したい自分が両方あります。

 

それが、ジキルとバイトみたいに、あるタイミングでどちらかが出てくる瞬間があるのです。

 

出てきているほうにヒュっと入っていけばいいのです。

 

彼に結婚したくない側の人格が出ている時に、ヤイヤイ言えば逃げていくのは当たり前です。

 

彼を見た時、この人は結婚なんかちっとも考えていないと思ったら、うまくいかない。

 

あせってしまうからです。

 

女性の場合は、結婚したいか、したくないか、どちらかに分かれます。

 

男性はそれがすごくあやふやで、両方持っています。

 

でも、口に出しては言わないけれども、結婚するんだったらこの子なんだろうなという気持ちは、なんとなく持っています。

 

男性は結婚したい時は自分のほうからやってくるから、女性は男性をうまく誘導していくことです。

 

それは、女性が男性にエッチをうまく誘導してあげるのと同じやり方です。

 

男性が言いにくそうにしているのだったら、うまく言わせるようなムードをつくっていく。

 

これは能動的な受け身です。

 

結婚に失敗する人は、受け身的な積極型です。

 

相手の力をうまく利用しながら自分から行くことで、想いはかないます。

 

いい男をつかまえるルール

 

  • 殺気を飛ばさない

 

 

「恋愛で成長する」につづく >>

 

婚活はここから始めよう!