結婚相手は生命力で選ぶ

結婚相手は生命力で選ぶ

一文なしになっても、はい上がれるのが生命力

 

「経済力」だけで結婚相手を選ぶ女性は、資産1億円の人と10億円の人がいれば、迷わず資産10億円のほうがいいと判断します。

 

大切なのは、男性の「生命力」です。

 

今の経済力ではありません。

 

たとえ貧乏になっても、ゼロになっても、もう1回盛り返せる力を持っているかどうかです。

 

「お金はなくてもいいのです」と言っても、生命力がなかったら、ぶらぶらしている人になってしまいます。

 

そんな男性は、まったく魅力がありません。

 

生命力というのは、今持っているものが全部なくなって食いっぱぐれたとしても、また1からやり直せるということです。

 

女性は、生命力のある男性を選ぶことです。

 

生命力のある男性は、今あるものが全部なくなったら、おいしいレストランの皿洗いから始めます。

 

「皿洗いで雇ってください」と言っても、「今、人手がいっぱいだから雇えない」と断られます。

 

「給料はいりませんから皿洗いをやらせてください」と言えば、使ってもらえます。

 

お金のことでグズグズ言わないことです。

 

そこでは必ず賄いは出ます。

 

給料はいらないといっても、若干の手当も出ます。

 

お皿を洗い、雑用をやって、1年でのし上がってみせます。

 

レストラン業界は、食べに来る人たちがいつも優秀な人材を探しまわっています。

 

店舗とお金があって人材が足りないのが実情です。

 

努力すれば、すぐにのし上がれるのです。

 

ゼロからいくらでもはい上がれるのです。

 

好きな女性に今おいしいものを食べさせてあげるだけではなく、たとえゼロになってもおいしいものを食べさせるのが、生命力のある男性です。

 

女性は、生命力で勝てる男性を見抜くことが大切なのです。

 

いい男をつかまえるルール

 

  • 結婚相手は生命力で選びましょう

 

 

「恋愛は数が重要?」につづく >>

 

婚活はここから始めよう!