自分の人生は自分で選んでいる

自分の人生は自分で選んでいる

自分の人生は自分で選んでいる

 

私のまわりにいる人は、すばらしい恋愛をしている人ばかりです。

 

私自身、志の高い人、成長したい人、長くつきあいたいと思っている人が好きです。だから、そういう人が私のまわりに集まっているのです。

 

一方で、短期でモノやお金を欲しがっている志の低い人もいます。そんなものはいくらでも手に入るし、それをくれるオジサンもたくさんいます。

 

成長し続けたいと思っている人は、そうでない人とは明らかに人間の種類が違います。視点も違うし、あくせくしていません。

 

それは持って生まれたものではありません。目標の位置を変えるだけでいいのです。

 

「私はいいの」と言った時点で、「いいの」という指令を自分で出しています。

 

自分で選択しているのです。

 

「『いいの』と言う人たちが変われるようにアドバイスしてください」と言われても、言葉がありません。

 

それはよけいなお世話です。

 

それぞれが好きな人生を選択すればいいのです。

 

変わりたくない人は、ほうっておいてあげたほうがいいのです。

 

変わりたい人にはどんどんアドバイスできます。

 

変わりたくない人は、変わりたくない人生を選んでいるのです。

 

どうしてそれがいけないのかということです。

 

すべては自分が選んだ結果です。

 

「私はもう恋愛はいい」と言っている人には、ちゃんと恋愛のチャンスは来ないのです。

 

「そう言わないで、やりなさい」と言うのは、大きなお世話です。自分の生き方は自分で選べるのです。

 

恋愛したいと思っている人は、トライしています。恋愛したくないと思っている人は、トライしていません。

 

「恋愛はしたいけど、トライはしたくない」と言う人もいます。そういう人は、結局はトライしない人生になって、恋愛もできないのです。

 

それもその人が選んでいるのです。

 

口では「恋愛をしたい」と言っても、トライしない生き方もあります。

 

「恋愛したい、したい」と言いながら終わっていく人生を、自分自身が選んでいるのです。

 

運がいい・悪いということではありません。

 

人間は、自分が選んだところに必ず落ち着きます。

 

それを他人がとやかく言ってはいけないのです。

 

いい男をつかまえるルール

 

  • 全ては自分で選んだところに落ち着く

 

 

「寂しさも恋も両方を楽しむ」につづく >>

 

婚活はここから始めよう!