迷わずにチャンスをつかむ

迷わずにチャンスをつかむ

迷っていたら行動できなくなる

 

行動力が落ちてチャンスがつかめないのは自分の軸がブレている時です。

 

「愛をとるの」「経済をとるの」というところで軸がブレてしまうのです。

 

愛が長続きするように、生命力のある人の愛をとろうと、「愛」へすぐ行くことができたら、その愛はつかめます。

 

迷っていると、愛はふさがってしまうのです。

 

「経済」をとる人は、遅れて行っても大丈夫です。

 

3ヵ月周期のその他大勢の女性の中にただ入るだけです。

 

割り切って「経済力」と「短期」を選ぶなら、そういう恋愛もありです。

 

「愛」と「経済」のほかに、もう1つ「体力・エッチ」があります。

 

よぼよぼのおじいさんにエッチを求めるのは、酷なことです。

 

その3つを1人の中に求めていくと、「あれがないから気に入らない」となってしまいます。

 

相手に2つ以上のものを求めてはダメです。

 

これは恋愛に限りません。

 

「この人にはお金」と、お金を求めればいいのです。

 

「この人には愛」と、愛を求めればいいのです。

 

「この人にはエッチ」と、エッチを求めればいいのです。

 

1つが満たされたら、それでOKなのです。

 

うちのテレビは「DVDの録画はできない」「持ち運びが不便」、そこまではわかります。

 

「冷蔵庫の機能がついていない」と言うのは、わがままです。

 

「洗濯もできない」というのは、テレビではないのです。

 

たまたま3つのうち2つ持っていたら、ラッキーです。

 

3つ持っている人に出会ったら、絶対離さないことです。

 

いざという時にどっちにしようかと迷ったら、チャンスはつかめません。

 

一瞬の勝負です。

 

つまり、それは、自分の中の軸が決まっているということです。

 

「どうしようかな」と言っているうちに、愛はふさがってしまいます。

 

恋愛とはそういうものなのです。

 

いい男をつかまえるルール

 

  • 相手に2つ以上を求めない

 

 

「出会ったら止まらない」につづく >>

 

婚活はここから始めよう!